【下肢切断】障害基礎年金2級(20歳からの遡及)約500万円決定!

2017-05-01

幼い頃に下肢を切断され、それ以降は医療機関を受診していなかった方の障害年金請求でした。

30年以上も前に初診日があり、当然カルテは破棄されており、多くの資料を提出した結果初診日が認められました。

また、20歳前後にも全く医療機関を受診していなかったため、20歳前傷病での障害年金請求に必要な過去の診断書を提出することはできませんでした。

病歴・就労状況等申立書の他にも、私が別の申立書を作成し、

障害認定日の診断書を提出せず

受診状況等証明書もなく

20歳時点での遡及請求が認められました。

 

さらに驚くことに、障害年金の請求書類を提出してからわずか38日で受給決定でした!

通常、第三者行為によるケガはそれだけで審査が長引きます。

それにも関わらず、この結果には当事務所も驚いております。

本当に嬉しいご報告でした!

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.