【双極性障害】障害厚生年金2級(遡及)約1000万円決定!

2017-07-24

双極性障害で障害厚生年金を請求し、2級で5年間の遡及が認定されました。

実はこの方は障害認定日以降、正社員として仕事ができていた期間も比較的長く、さらに障害認定日の診断書は3級レベルの内容でした。

そうは言っても、とてもまじめな責任感がある性格の方でしたので、症状は重いにも関わらず限界まで頑張って、なんとか仕事をしていたようです。

 

なんとしても遡及できるように、

障害認定日3級での遡及現在2級という結果は、当事務所としても必ず出すつもりでいろいろな努力をしました。

 

それが、「障害認定日2級約1000万円、現在2級年金額約160万円」という最高の結果を出すことができました!

 

そして、有期認定3年という、更新までの期間も初回にしては比較的長く、何から何まで100点満点以上の結果です。

(精神疾患での初回の請求で、一番多いのは2年後の更新です)

 

 

今回特に感じたのは、やはり診断書の内容だけではなく、病歴・就労状況等申立書の内容を審査の段階でしっかり見て、その上で等級を決めているということでした。

 

今後も当事務所は、難しい案件でもいかに上位の等級を狙い、遡及もするという結果にこだわっていきたいです。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.