【糖尿病性腎症】初診日の証明が困難 障害厚生年金2級150万円決定!

2017-10-01

審査に少し時間がかかりましたが、(とは言っても3か月ちょっとです)糖尿病性腎症で人工透析をされている方の決定が出ました。

障害認定日時点では障害の程度には該当していなかったので、事後重症で障害厚生年金2級、年金額は約150万円です。

初診日が25年以上も前で、さらに初診日の医療機関の後はしばらく病院に行かなかった時期もあり、初診日を証明することが困難だった案件です。

実はこの方は、私の事務所に依頼される前に、別の社労士に2年前に依頼されていたのです。

しかし、なんと初診日の証明を自分でなんとかするように指示されたまま、2年間も放置状態でした。

本当だったら、2年前に請求できていたはずなので、約300万円も障害年金をもらい損ねたことになります。

社労士だったら当然にそんなことはわかるはずなのに、あまりにひどいです。

ちなみに私が受任してからは、2か月かからずに提出することができました。(この差って??)

とりあえず一安心です。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.