【統合失調症】障害基礎年金2級(社会的治癒)決定!

2017-03-23

30年以上も前に初診日があった統合失調症の方の障害基礎年金2級が決定しました。

初めて統合失調症で精神科にかかった日ではなく、その次にかかった精神科を初診日として請求する「社会的治癒」を主張して認められました。

それも、提出からなんと43日で支給決定という早さでした!

 

精神疾患で社会的治癒が認められるのは、

・服薬などをしていなかった(していてもごく少ない量)

・普通に労働や社会生活ができていた

ことが要件となっています。

 

そしてこの2点を客観的に証明できる書類等がないと認められないと言われております。

しかし、今回はそのような書類の提出が一切できず、社会的治癒を主張したのは私が書いた申立書のみでした。

また、1番目の医療機関では数か月の入院までしていたのですが、2番目の医療機関を再発とみなして初診日と認められたので本当によかったです。

 

当初ご依頼をいただいた時には、「主治医に日常生活のことをほとんど話していないので、とても軽い診断書になってしまうと思います」とご家族が心配していらっしゃいました。

そのようなことは社労士にとっては想定内で、この方の場合は病院同行をして主治医とお話をし、障害の程度としては2級相当の診断書を書いていただくことができました。

 

障害年金は、絶対にあきらめないことが大切です。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.