【網膜色素変性症】障害厚生年金2級(遡及)で約650万円支給決定!

2016-10-15

会社員の時に網膜色素変性症を発症し、遡って障害認定日請求をしましたが、

5年間の遡及が認められ、約650万円の一時金と年金の支給決定が下りました。

網膜色素変性症での障害年金請求は、認定基準がはっきりしておりますので決して困難な事例ではありません。

しかし、難病の一つでもあり、根本的な治療が確立されていないことから、障害年金のことを知らずに医療機関をずっと受診していないため、必要な書類を揃えることができない場合等があります。

今回もそのようなことがありましたが、無事に良い結果になりました。

難病は、ご自身で障害年金の請求をしようとすると何かしらの困難にぶつかることが多いようです。

障害年金を1日でも早く受給できるよう、ぜひ社労士にご相談くださいませ。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.