【高次脳機能障害】【うつ病】一人暮らしで2級(遡及)決定!

2017-05-16

ほぼ同時期に、お二人のお客様の決定が出ました。

高次脳機能障害で、一人暮らし

就労はしていない。

お料理が趣味で食事にこだわりがある。

その日の体調によって思考がまとまらず、何もできなくなる時がある。

一人で外出は可能。(むしろ、地理に詳しい)

金銭管理は困難。

このような状況で、ご家族は遠くにお住まいなので、日常的な援助は受けていない方です。

一見、2級は厳しいと思われがちですが、5年間の遡及分も含め、障害認定日2級の受給ができました。

 

うつ病で、一人暮らし

落ち込みが激しく、就労はできない。

就労をしていた時期があるが、職場でトラブルを起こし数か月で解雇。

食事はほぼ毎日同じものを食べる。

高学歴でもともとは優秀な方であるため、その日によっては一人でできることも多い。

飛行機で行かなければならないほどご実家が遠いため、1か月に1回程度様子を見てもらっている。

この方も、5年間の遡及、障害認定日2級の受給ができました。

 

「一人暮らし」または「就労している」と、障害年金はもらえないと言われたりしていますが、

当事務所では、むしろ「一人暮らし」や「就労している」方の案件を扱うことが多く、

その方全てが障害年金の受給をしています。

 

障害年金の請求をする場合、「○○だから受給できない」という考えを捨て、

シンプルに考えて請求をしていくことが、最も重要なことであると当事務所は考えます。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.