【高次脳機能障害】過去2回不支給で障害基礎年金2級(遡及)決定!

2016-12-05

高次脳機能障害で4年前にご自身で障害年金の請求をし、結果は不支給。

その後、審査請求、再審査請求し、

再び2年前にご自身で請求をし、また不支給の決定だったお客様です。

 

過去に提出した診断書を全て拝見したところ、3級にも該当できないであろう内容でした。

しかし、ご本人の障害状態は日常生活能力においても、WAIS-Ⅲ検査においても、2級相当だと判断し受任しました。

障害認定日請求をするには、当時診断書を書いていただいた医師に再度依頼しなければならず、

なんとかご本人の日常生活をご説明し、過去の診断書とは全く違う、本来の症状を反映した診断書を書いていただきました。

 

審査には5か月弱かかりましたが、無事に約300万円以上(4年間)の遡及もでき、お客様にも喜んでいただきました。

本当によかったです!

 

当事務所は高次脳機能障害のご相談も多く、たまに他の社会保険労務士からもご相談をいただくほどです。

高次脳機能障害は他の精神疾患とは違い、その人それぞれ出る症状が多岐に渡ります。

今後も高次脳機能障害の案件には力を入れていきたいと思っております。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.