【CRT-D装着】障害厚生年金3級(遡及)約500万円(現在)2級決定!

2017-02-08

特発性拡張型心筋症で、

障害認定日(遡及)…障害厚生年金3級
現在CRT-D装着…障害厚生年金2級

の決定が出ました。

ご依頼いただいた時には、CRT-Dを装着したばかりで、事後重症で請求代理をしてほしいということでした。

しかし、障害認定日の診断書を取得すると、難治性不整脈の障害認定基準3級に該当していることがわかり、障害認定日請求に切り替えました。

 

心疾患は、ペースメーカーやICD・CRT・CRT-Dを装着しなければ障害年金の請求ができないと思われている方も多いですが、

障害認定基準にある異常検査所見と一般状態区分表を一つ一つ見ていくと、ペースメーカー等を装着していなくても該当することが結構あります。

 

障害厚生年金3級の遡及金額は500万円以上、障害厚生年金2級の年金額は約220万円でしたので、お客様にも大変喜んでいただきました。

審査請求せずに、一番理想的な決定でよかったです。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.