うつ病などで他人を信用できなくなった方へ

2017-02-11

うつ病や双極性障害、発達障害等の方々のご相談を受けていると、他人に裏切られたとか病気のことを馬鹿にされたとか、人間関係でつらい経験をされた方が多い印象を受けます。

中には、ご家族や親友から心無い言葉を言われたり、一番信頼していた方から傷つけられた方も。

 

人間はつらい経験をすると強くなると言われていますが、あまりにつらい経験を繰り返すと自己防衛のために他人に心を開けなくなります。

私がこの仕事をしている理由の一つには、私自身がいろいろなつらい経験をしてきたからということもあるのです。

 

会社で雇われていた時には、ひどいパワハラやセクハラにも何度も逢ってきました。

そして、私は機能不全家庭で育ち、本来無条件で受ける両親の愛情を受けていません。

こんなことを書くと、「この社労士、大丈夫かしら」と思われるかもしれませんね。

 

でも、大丈夫です。

つらい思いをたくさん経験したからこそ、同じようにつらい思いをしている方の気持ちがわかりますし、

絶対に私が助けてあげたい、お役に立ちたいと思うのです。

 

今、誰にも打ち明けられなくて八方塞がりになっていらっしゃる方。

ほんの少しだけ、病気でつらい気持ちや経済的な不安をお話ししてみませんか?

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.