カメリア社会保険労務士事務所の圧倒的なスピード感の秘密

2016-09-19

今月、障害年金の請求をする予定のお客様は、明日全て提出を済ませることができそうです。

今回請求するお客様の中で、

◆障害認定日…障害厚生年金3級相当

◆現在…障害厚生年金2級相当

という方がいらっしゃるので、診断書の有効期限1か月の中で請求を済ませなければならず、

依頼者の方のご協力もあり、全ての書類を短期間で揃えることができました。

ちなみに、通常の請求では診断書の有効期限は3か月ですよ。

(今回はイレギュラーな請求方法というわけです。)

ところで、当事務所がお客様と最初のご面談をさせていただき、障害年金の請求を済ませるまでの期間の平均を分析してみました。

中には4か月、5か月かかる大変困難な案件もありますが、なんと当事務所の平均日数は、「51.2日間」でした。

2か月はかからないということです。

我ながらちょっと驚きました。

その中では、診断書の作成に1か月以上かかる病院で診断書を何枚も依頼することもあります。

依頼者の方がその病院に何年も行かなくなってしまい、数年ぶりに診察をお願いして診断書を依頼することもあります。

初診日が20年近く前で、カルテも何の記録も存在せず、なんとか第三者証明をお願いして初診日が認められたケースもあります。

それでも、当事務所ではなるべく依頼者の方のご不安な時間を少なくするべく、迅速に対応するようにしています。

どうして圧倒的なスピード感を持って障害年金の請求ができるのか。

それが知りたい方は、ぜひ無料面談にいらしてくださいね。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.