健康診断で異常が見つかった時の初診日

2015-10-24

以前は、初診日の取り扱いについて、健康診断で異常が発見され医療機関への受診を指示された場合には健康診断の日が初診日とされておりましたが、

平成27年10月1日からの改正で、その取扱いが変更になりました。

 例えば、健康診断でガンの疑いがあるとの検査結果が出て、後日初めて治療目的で医療機関を受診した場合その日が初診日となり、健康診断を受けた日は初診日として取り扱わないことになります。

 でも、健康診断は市区町村のがん検診みたいなもので受けていて(国年1号又は3号)、その後会社に入社して厚生年金の被保険者になってから初めて医療機関で診察してもらったら、かなり有利になりますよね。

これって、逆選択も出来てしまう気がするのですがどうなのでしょう。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.