生活保護と障害年金は同時にもらえるのでしょうか

2016-06-26

ご相談の中で、「生活保護か障害年金のどちらをもらうかを考えています」もしくは、「生活保護をもらっているけれど、障害年金も請求したい」というご質問をたまにいただきます。

生活保護と障害年金は、併給調整があります。

例えば、障害年金の金額よりも生活保護の金額のほうが多い場合には、生活保護の金額から障害年金の金額を差し引いた額の生活保護になります。

例)生活保護15万円、障害年金6万5千円の場合は生活保護は8万5千円に減額されます。

逆に、障害年金の金額のほうが生活保護の金額よりも多い場合には、生活保護は支給されません。

しかし、障害年金は生活保護のように、資産や収入の制限などがありませんので、障害年金を請求できるのであればまずは障害年金を請求し、足りない分を生活保護で補ってもらうということが望ましいと思います。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.