社労士が医師を怒らせてしまう理由と当事務所の考え

2017-06-08

先日、お客様の病院同行である医師とご面談をさせていただきました。

当事務所ではすべてのお客様の病院に同行するわけではなく、相当な理由がある場合に限って同行しております。

今回はどうしても医師にご相談しなければならないことがあり、診察に同席させていただくことを最初に打診いたしました。

しかし、お返事は「同席しないで欲しい」とのことでした。

 

こういう時に一番考えられる理由、社労士が医師から拒否されてしまう理由とはなんでしょう。

「社労士が、診断書の内容について医師に対して指示をしたり、無理な修正をお願いする」ことです。

医療の専門家が医師であり、社労士はその診断について口を挟むべきではありません。

信念を持って、日々研鑚されている医師が、医療の専門家でもない社労士から指示をされるなんてことがあったら、どんなに温厚な医師であっても怒るでしょう。

 

最終的には今回ご面談させていただいたドクターは、快く同席に応じてくださいました。

本当に親身になってくださり、障害年金にもご理解があるドクターでした。

ご面談の中で、「最初に冷たく断ってしまい申し訳なかった」とまでおっしゃってくださり、

過去に障害年金で関わった社労士が横暴に指示をしてきて、嫌な思いをしたからということもお話くださりました。

同じ社労士として、私も申し訳ない気持ちになりました。

主治医も社労士も、患者さん(社労士にとっては依頼者)のことを一番思っているのは同じなんです。

お互いに専門性を理解して、自分の専門外の領域を決して侵さずに業務を進めていくということが、本当に大切だと思っています。

 

日々障害年金の業務をしていると、障害年金の請求で良い結果を出すためには、

・依頼者(患者さん)

・主治医

・その他の医療関係者(事務の方やソーシャルワーカー)

・ご家族

・社労士

・場合によっては知人や同僚の方

のように、様々な方のご協力があってこそ成し得ることができると感じます。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.