行政不服審査法の改正により、不服申立てが変わります

2016-04-14

行政不服審査法の改正が行われ、平成28年4月1日より施行されました。

そこで、障害年金の不服申立てにも変更点があります。

変更される点は、主に3つです。

①現在は審査請求→再審査請求を経ないと訴訟の提起ができませんでしたが、改正後は審査請求後に再審査請求を経ずに訴訟の提起をすることができるようになりました。

簡単に言うと、今まで通り、審査請求から再審査請求をするか、審査請求から訴訟をするかを選択できるようになりました。

②審査請求をすることができる期間が、60日以内から3か月以内になりました。

③現在、不服申し立てをした請求人は、口頭で意見を述べることができましたが、それに加えて保険者に質問ができるようになりました。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.