障害年金と病名の関係について

2016-03-18

よく、「統合失調症なので障害年金はもらえますよね」とか、「高次脳機能障害なので障害年金はもらえるはず」といったご相談を受けることがあります。

確かに、統合失調症も高次脳機能障害も障害認定基準に該当すれば、障害年金は受給できます。

ただ、病名がついているだけでは障害年金は受給できません。

また、逆にいうと、病名がはっきりしていなくても、障害認定基準に該当する障害であれば、障害年金を受給することができます。

巷では、病名によって障害年金ができるできないが判断されているようですが、障害年金の請求は一筋縄ではいかないことも多いです。

大丈夫かなと思った場合には、ぜひ無料相談をご利用ください。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.