障害年金をもらいながら働くことのサポートもしています

2016-07-22

今日はあるお客様の同行で就労移行支援事業所の見学に行ってきました。

多くの就労移行支援事業所がありますが、それぞれに強みや特徴があります。

今日伺った事業所は、IT関係の企業が母体となっているため、パソコンスキルを身につけるには最適で、実際のオフィスのような雰囲気で働けるような工夫をされていました。

そのような雰囲気に慣れておくと、実際に就労を始めた時にも環境の変化に柔軟に適応できる気がします。

実際に障害をお持ちの方は、社会に出る第一歩が恐怖に感じ、なかなか踏み出せないことが多いです。

また、就労移行支援の制度をお使いの方々はみなさん何らかの障害をお持ちの方ですので、障害の程度によっては同時に障害年金の請求もできます。

就労移行支援事業所に通所している間は、基本的に無給になりますので障害年金を受給できれば安心して就職に向けて道筋を作ることが出来ると思っています。

障害年金は、働いているともらえないというものではありません。

障害を抱えている方が、少しでも安心して生活したり就労したりするための所得保障です。

実際に、今日見学させていただいた事業所の所長様からも、通所されている方の中で障害年金を受給したい方がいらっしゃるとのお話もお聞きしました。

障害年金を知らずに苦しんでいる方がまだまだ多くいらっしゃると思いますが、このようなところから少しずつでも浸透してくれれば嬉しく思います。

私自身、今日はとても貴重な体験ができました。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.