特定社会保険労務士紹介

特定社会保険労務士 石塚 朋子

社会保険労務士 石塚 朋子

私は会計事務所での税務、高級宝飾店での接客業を経て、今から10数年前に社会保険労務士になりました。

これから仕事も人生も思い切り謳歌したいと思っていた矢先、病気で体調を崩し、一時期は寝たきりになりました。

それまでの、元気で明るく行動的な私から一転、何もかも失いました。

そして、今まで周りにいてくれた人たちは、何もできず別人のようになった私を見て、潮が引くようにいなくなりました。

そのような中、親身に支えて下さる方のおかげで、どん底から這い上がり、少しの自信と健康を徐々に取り戻すことができました。

その時の経験から、「自分は本当は弱い。だからこそ弱っている人や助けを求めている人の役に立ちたい。」と強く思うようになりました。

一度健康も仕事も人間関係も失って、挫折を味わった私だからこそ、理解できることがある。

幸いにも再起できた私だからこそ、困っている方のお役に立つという使命がある。

そして、恩返ししたいという思いで毎日を過ごしています。

 

今、こうして障害を抱えていらっしゃる方の障害年金請求を代理させていただくことができ、私は心からありがたいと感じています。

私を信じて依頼してくださったり、喜びの声をいただいたり、そのことで私は生きていてよかったと、いつもいつも思うのです。

 

私が障害年金の仕事を始めてから、ご相談件数は1000件を超えました。

中には、「不安で不安で話を聞いてもらいたい」「どこに助けを求めたらいいかわからない」と言って、私にお電話してくださる方もいらっしゃいます。

そんな時、社会保険労務士としてやって差し上げられることはなかったけれど、「話したら元気が出てきました」と言っていただくことも少なくはありません。

私のほうこそ、元気をいただいています。

 

人は、元気をもらったら他人に元気を与えられる。

困った時は誰かを頼って、誰かが困っていたら頼ってもらう。

今度は、私が皆さまに元気を与えて、頼ってもらう番だと思うのです。

 

私の事務所名は「カメリア社会保険労務士事務所」ですが、事務所名のカメリアとは日本名で椿のことです。

椿の花言葉は、「控えめな優しさ」「誇り」で、それにちなんで事務所名にしました。

 

私はこの仕事に誇りを持って、控えめな優しさで障害年金と向き合い努力しています。

障害年金を通じて、困っている人、生きる希望をなくしかけている人の人生を少しでも豊かにするお手伝いができれば、心から嬉しく思います。

 

出身地…東京都

資格…2005年 社会保険労務士試験合格
                       年金アドバイザー
                       確定拠出年金アドバイザー

趣味…犬と遊ぶこと、ピアノ、オペラ鑑賞、歌舞伎鑑賞、美術館巡り、読書
好きな食べ物…焼肉、かつ丼、甘いもの
嫌いな食べ物…野菜、フルーツ、カレーライス

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.