障害年金の認定について(症状別)

障害等級は、障害の部位、症状、病気名によって細かく認定基準があります。
それぞれに障害等級認定基準は下記をご覧ください。

・眼の障害
・聴覚の障害
・鼻腔機能の障害
・平衡機能の障害
・そしゃく・嚥下機能の障害
・音声又は言語機能の障害
・上肢の障害
・下肢の障害
・体幹・脊柱の機能の障害
・肢体の機能の障害
・精神の障害
・神経系統の障害
・呼吸器疾患による障害
・心疾患による障害
・腎疾患による障害
・肝疾患による障害
・血液・造血器疾患による障害
・代謝疾患による障害
・悪性新生物による障害
・高血圧症による障害
・その他の疾患による障害

こちらは障害等級を認定する基準ではありますが、個々の障害の程度や診断書の内容により、想定していた等級と変わってしまったり、不支給になってしまうこともありますので、ご自身で判断するのはとても危険です。
過去の支給事例などを参考にしてアドバイスさせていただきますので、社会保険労務士にご相談ください。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.