障害年金をもらうためのポイント

障害年金を受給するには、「初診日要件」「保険料納付要件」「障害認定日要件」すべてを満たしていなければなりません。

 

障害認定日要件の注意点

初診日から1年6か月を経過した日に障害認定基準に該当していることが必要です。
ご自身では明らかに障害状態にあると思っていても、実際に医師に作成してもらった診断書が認定基準に当てはまっていなければ、受給はできないのです。
その認定を得るために最も重要なものが診断書であり、診断書の書き方については主治医とよく話し合い、納得できる診断書を作成してもらわなければなりません。

 

初診日要件の注意点

初診日と障害認定日に診療を受けている病院が同じであり、障害認定日後すぐに障害年金の請求をするのであれば、特に難しいことはありません。
しかし、「障害年金の制度を知らなかった」「当時は病状が重く、障害年金を請求するような余裕もなかった」など、長い年月を経てから初診日の特定をする場合には、初診日に診療を受けていた病院がなくなっていたというようなこともあります。
また、転院を繰り返していた場合、どこが初診日だったのかもわからないということもあります。
このような場合には、手続きに困難を極めますので、諦めてしまう方も多いでしょう。

 

保険料納付要件の注意点

保険料の納付状況については、年金事務所で確認することができます。
その際に、障害年金受給の保険料納付要件を満たしていなければ、そこで諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。
また、年金事務所で相談をした場合でも、保険料納付要件を満たしていないので障害年金の請求はできないと言われてしまいます。
このような場合でも、一つ一つ検証していくと、厚生年金に加入するべきだった期間に、その時勤務していた会社が加入の手続きをしてくれていなかったなど、遡って厚生年金被保険者期間になることがあります。

このように、障害年金の請求は幅広い知識が必要になります。
また、障害年金は少しでも早く裁定(支給決定)されれば、それだけ早く年金の支給が開始されますし、金額も多くなります。
面倒だからと決して諦めないで、年金の専門家である社会保険労務士にご相談いただくことをおすすめいたします。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.