障害年金でもらえる金額(支給金額)

障害年金は、年金制度や被保険者期間の状況、障害等級、子供と配偶者の有無により金額が異なります。

  障害基礎年金 障害厚生年金
1級 779,300円×1.25

子の加算額
(報酬比例の年金額)×1.25

配偶者の加給年金額
2級 779,300円

子の加算額
(報酬比例の年金額)

配偶者の加給年金額
3級   (報酬比例の年金額)
最低保証額584,500円
障害手当金
(一時金)
  (報酬比例の年金額)×2
最低保証額1,169,000円

 

障害基礎年金の計算式

平成29年度

1級

974,125円+(子の加算額)

2級

779,300円+(子の加算額)

 

子の加算額

生計を維持している、18歳の年度末まで、または20歳未満であって障害等級(1級または2級)に該当し、かつ婚姻をしていない子がいる場合に下記の金額が加算されます。

1人目・2人目の子(1人につき)

224,300円

3人目以降(1人につき)

74,800円

 

障害厚生年金の計算式

平成29年度

1級

報酬比例の年金額×1.25+(配偶者の加給年金額224,300円)

2級

報酬比例の年金額+(配偶者の加給年金額224,300円)

3級

報酬比例の年金額  (最低保証額584,500円)

障害手当金

報酬比例の年金額×2 (最低保証額1,169,000円)

3級及び障害手当金には、配偶者の加給年金額はありません。

 

障害年金を請求する時期や状況によっても、金額が変わってきます。

 

「障害認定日請求」

障害認定日に障害等級に該当しているときに、障害認定日から1年以内に請求するものです
年金は障害認定日の属する月の翌月から支給されます。
また、請求が遅れていた場合には、時効の関係で過去5年分まで遡り、遡った分は一括で支払われます。(数百万円になることもあります。)

 

「事後重症請求」

障害認定日に障害等級に該当する状態でなかったため、障害年金の支給を受けられなかった者が、障害認定日後65歳に達する日の前日(65歳の誕生日の2日前)までに、障害等級に該当する障害状態になった時には、その期間内に障害年金の請求をすることができます。
年金は、この請求があった日の属する月の翌月から支給されます。

以上のように、障害認定日に障害等級に該当していれば、障害認定日での請求をしたほうが、障害年金の金額は多くなります。
その方によって、どちらで請求できるのか、またどちらで請求したほうがよいのかの判断はとても難しく、専門の社会保険労務士にご相談いただくのが確実です。

 

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.