診断書更新時の対策サービス

障害年金の認定には、「永久認定」と「有期認定」の2通りがあり、ほとんどの方が「有期認定」になります。
そして、「有期認定」の方は1~5年ごとに、障害状態確認届を日本年金機構に提出しなければなりません。

これが、よく障害年金の更新と言われるものです。

有期認定であれば、最初の請求時と同じ形式の診断書を提出し、診断書を提出した場合に障害の認定基準に該当していないと判断されれば、支給停止もしくは等級落ちということがあります。

実際に、当事務所にも「この内容で更新して大丈夫ですか?」というご相談をいただくことがよくあります。

平成28年9月より、「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」が実施されたことも関係し、特にうつ病や発達障害などの精神疾患の方は更新で障害年金が支給停止にならないかというご不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

そこで、更新時に診断書を拝見させていただき、アドバイスさせていただくサービスを始めました。

具体的なサービス内容

●障害状態確認届(診断書)を拝見し、現在受給している等級で更新できるかどうかの可能性をお伝えいたします。
 (※受給をお約束するものではなく、今までの経験上の判断になります)

●万が一、更新時に支給停止もしくは等級落ちの可能性が高いと判断した場合にはその原因や対策をアドバイスいたします。

サービスのご利用方法

メールでのご利用をご希望の場合

フォームから必要事項をお知らせ頂き、お支払いを済ませてください。

「障害状態確認届(診断書)」をPDFにして、当事務所にお送りください。

 (前回提出した診断書があれば、それもお送りください。)

1週間以内にメールにてお返事させていただきます。

 

郵送でのご利用をご希望の場合

フォームから必要事項をお知らせ頂き、お支払いを済ませてください。

「障害状態確認届(診断書)」のコピーを、当事務所あてにお送りください。

 (前回提出した診断書があれば、それもお送りください。)

受け取ってから1週間以内に郵送にてお返事させていただきます。

サービスの料金

当事務所で書類作成や診断書修正依頼が必要な場合…80,000円(税別)

※当事務所のお客様やリピーター割引等のさまざまな割引サービスがあります。

割引については個別にお問い合わせください。

本サービスのお申し込みフォーム

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.