障害年金・障害者手帳申請の流れ

障害年金のご相談から受給までの流れ

① お電話またはメールにてご相談

その際に・お名前・生年月日・傷病名・現在の症状・症状の経過・初診日と病院名・初診日に加入していた年金制度などをお伺いし、障害年金受給のおおまかな可能性を探ります。
当事務所にご依頼であれば、ご面談もしくはご契約に進みます。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

② 面談・ヒアリング(遠方の方はご面談不要)

面談の際に、今までの症状や経過、日常生活についてなど具体的にお伺いさせていただきます。
 面談は5,400円を申し受けますが、ご契約いただいた場合には着手金から差し引かせていただきます。
ご不安に思われていることや、障害年金についてのご質問など、遠慮なくお聞きください。

ご持参いただくもの
・年金手帳
・現在までの症状を時系列でまとめたもの
・診察券やお薬手帳
・印鑑

まず先に調べなければならない保険料納付要件を当事務所で確認させていただくために、年金事務所の委任状をいただくことがあります。そのために印鑑をご持参いただくとスムーズです。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

③ ご契約

障害年金・障害者手帳申請の流れ

④ 受診状況等証明書の受領

初診日に受診した主治医の先生に記載していただく書類です。
お客様に取得していただくか、当事務所で記入依頼と受領を行います。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

⑤ 診断書の記入依頼と受領

依頼者からの詳細なヒアリング内容をもとに書面を作成し、その書面を医師に見せて診断書を記入してもらいます。
 
その際、内容を確認し、必要に応じて医師の意見をお伺いし、修正や加筆がある場合にはお願いすることがあります。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

⑥ 病歴・就労状況等申立書の作成

ヒアリング内容と診断書の内容に沿って、病歴・就労状況等申立書を作成します。
出来上がりましたら、「病歴・就労状況等申立書」「受診状況等証明書」「診断書」の内容と整合性をチェックします。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

⑦ 障害年金裁定請求書の提出

作成した裁定請求書と必要書類を揃えて、年金事務所等に提出します。
記載内容に審査上の疑問がある場合や、書類に不備や不足がある場合の年金機構からの問い合わせや照会は、当事務所で対応いたします。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

⑧ 障害年金の決定、年金の受給開始

決定までには、通常3~6か月程度かかります。
決定されますと、ご自宅に年金証書が届き、年金の支給が開始されます。
年金証書が届きましたら、必ず当事務所までご連絡をお願いいたします。

障害年金・障害者手帳申請の流れ

⑨ 受給権取得後のご説明

障害年金は傷病にもよりますが、更新がございます。
また、症状が重くなったもしくは軽くなった場合には手続きが必要になりますので、今後のご説明をさせていただきます。

 

障害者手帳申請の流れ ※代行はしておりません

~身体障害者手帳の申請から交付まで~東京都の場合

①お住まいの市区町村の障害福祉担当窓口で、「身体障害者診断書・意見書」受け取り、医師に作成を依頼します。

②「身体障害者診断書・意見書」「交付申請書」「縦4㎝×横3㎝の写真」を揃えて、障害福祉担当窓口に申請をします。
※障害年金を今後申請予定の方は、診断書をコピーしていただくことをお勧めいたします。

③申請をしてから通常1か月程度で身体障害者手帳が交付されます。

 

~療育手帳(愛の手帳)の交付について~東京都の場合

①手帳の交付を受けるためには、心身障害者福祉センター及び多摩支所(18歳以上の知的障害者)、各児童相談所(18歳未満の知的障害児)の判定を受けます。

②心身障害者福祉センター及び多摩支所で判定を受ける場合には、直接予約申し込みをします。

③児童相談所で判定を受ける場合には、お住まいを管轄する児童相談所に直接予約申し込みをします。

 

~精神障害者保健福祉手帳の申請から交付まで~

①お住まいの市区町村の担当窓口に次の書類を提出します。

  • 障害者手帳申請書
  • 診断書(障害者手帳用)
    又は、精神障害を支給事由とした障害年金もしくは特別障害給付金を現に受給していることを証する書類(年金証書)の写し
  • 縦4㎝×横3㎝の写真

②連絡が来たら市区町村の窓口で受け取ります。
郵送での受け取りを希望の場合は、申請書類を提出する際に、返信用封筒が必要です。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.