申請を社労士に依頼するメリット

メリット1

障害年金を受給するために、あらゆる角度から良い方法を検討し、依頼者の方に一番有利なご提案をすることができます。
 
⇒年金事務所でのご相談は、依頼者の質問に答えるだけです。

 

メリット2

ご自身で多くの書類を揃え、作成し、チェックすることなく、ほとんど作業をお任せいただくことができます。
 
⇒重い障害を抱えながら多くの書類を揃え、記載し、受給につながる請求書を提出することは、相当のご負担だと思います。
また、それだけの労力を使っても、不支給になってしまうことも多いのです。

 

メリット3

障害年金の請求準備~提出までの期間を短縮することができます。
 
⇒簡単な障害年金の請求事例でしたら、ご自身でも短期間で請求書の提出まで行うことができるかもしれません。
しかし、通常は社労士に依頼するよりも数か月多く時間を費やしてしまうことが多いようです。

 

メリット4

一部の傷病を除き、障害年金は数年ごとに更新が必要になります。
更新時に気を付けることや、支給停止にならないようアドバイスができます。

⇒更新時には診断書を提出しますが、その際に支給停止になってしまうこともあります。
症状に変化がないのに、どうして不支給になったのかわからないとおっしゃる方がいらっしゃいます。
最初の請求を依頼している社労士であれば、経過をわかっているので、支給停止になってしまった場合でも対応がしやすいです。

 

社労士に障害年金の申請を依頼する最大のメリットは

国家資格である社会保険労務士が年金の専門家として、正確かつ迅速に申請の代行をすることができることです。

初回のご相談は無料ですし、費用面につきましても柔軟に対応させていただきたいと思っております。
まずは、お気軽にご相談をお待ちいたしております。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.