障害年金とは?

「障害年金」は、病気やケガによって障害の状態になった時に、生活を支えるものとして支給されます。
「障害の状態」とは、視覚障害や聴覚障害、肢体不自由などの障害だけではなく、がんや糖尿病、高血圧、呼吸器疾患などの内部疾患により、長期療養が必要で仕事や生活に著しく制限を受ける状態になった時なども含まれます。また、障害者手帳を持っていなくても障害年金を受けることができます。

障害年金には、「障害基礎年金」「障害厚生年金」「障害共済年金」があり、初診日にどの年金制度に加入していたかにより受給する障害年金の種類が違ってきます。

ここでは「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の説明をします。

 

障害基礎年金(国民年金)

障害の原因となった病気やケガの初診日が、国民年金の被保険者期間中である時はもちろん、国民年金の被保険者となる前(20歳前)や、被保険者資格を失った後(60歳以上65歳未満)である場合でも支給の対象となります。
障害等級は、障害の程度に応じて重度のものから1級~2級になります。

また、障害基礎年金には子供の加算額があります。(子供の年齢等に条件があります。)

 

障害厚生年金(厚生年金)

厚生年金の被保険者である間に、障害の原因となった病気やケガの初診日がある場合に支給されます。
障害等級は、障害の程度に応じて重度のものから1級~3級になります。

また、障害厚生年金には配偶者の加給年金額が加算されます。

なお、厚生年金には、3級の程度よりも軽いものを対象とした「障害手当金」があり、一時金として支給されます。

「障害年金」と「障害者年金」とどちらの呼び方が正しいのかというご質問をいただくことがありますが、通常は障害状態になった時に支給される公的年金の総称である「障害年金」を使用します。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.