障害者手帳について

障害者手帳は、各種の福祉サービスを受けるために必要になるものです。
障害者手帳には、「身体障害者手帳」「療育手帳(知的障害者用)」「精神障害者保健福祉手帳」の3種類があります。

 

身体障害者手帳

手帳の交付対象となる障害には、視覚障害・聴覚障害・平衡機能障害・音声言語機能障害・そしゃく機能障害・肢体不自由・心臓機能障害・腎臓機能障害・呼吸器機能障害・ぼうこう又は直腸機能障害・小腸機能障害・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害・肝臓機能障害などがあります。
等級は1級から7級までの区分が設けられており、障害認定されれば手帳が交付されます。

 

療育手帳

知的障害者(児)の保護及び自立更生の援助を図るとともに、知的障害者(児)に対する社会の理解と協力を深めるために交付されます。
療育手帳は、他の障害者手帳のように法律で規定されておらず、各自治体独自の施策(制度)となっており、自治体により呼び方も障害の程度の区分も異なっております。

次の地方自治体では「療育手帳」以外の名称を使っております。
・東京都…愛の手帳 1度、2度、3度、4度
・埼玉県…みどりの手帳 Ⓐ、A、B、C
・千葉県…療育手帳 Ⓐ、Aの1、Aの2.Bの1、Bの2
・横浜市…愛の手帳 A1、A2、B1、B2

 

精神障害者保健福祉手帳

対象になる疾患は、統合失調症・躁うつ病・非定型精神病・てんかん・中毒精神病(有機溶剤などの産業化合物、アルコールなどの嗜好品、麻薬、覚せい剤、コカイン、向精神薬などの医薬品)・器質精神病(精神遅滞を除く)・その他の精神障害(発達障害を含み精神遅滞を除く)などがあります。

等級は重い順に、1級・2級・3級と決められています。

1級

日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度

2級

日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度。

3級

日常生活又は社会生活が制限を受けるか、日常生活又は社会生活に制限を加えることを必要とする程度。

 
精神障害者保健福祉手帳は、身体障害者手帳及び療育手帳とは異なり、2年の有効期限があります。
2年ごとに医師の診断書とともに申請をし、手帳を更新する必要があります。
また、手帳の表紙には「障害者手帳」とのみ表示され、表紙を見ただけでは精神障害者の手帳であることがわからなくなっております。
 
 
お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.