【ミトコンドリア病】高次脳機能障害で障害厚生年金2級決定!

ミトコンドリア病で、認知機能の障害やてんかん、糖尿病、心臓疾患等の様々な症状が出ている方です。

全ての症状を聴き取ったところ、中でも認知機能の障害の程度が一番重く、高次脳機能障害として障害年金が受給できる程度と判断できましたので、精神の障害用診断書のみで請求をしました。

しかし、主治医にミトコンドリア病で障害年金の診断書を書いてもらうということに理解を得なくてはならず、そこに多くの時間と労力を費やしました。

そのため、ご本人が日常生活で困っている症状を細かく教えていただき、高次脳機能障害特有の症状と照らし合わせていきました。

最終的に出てきた症状は50項目以上にもなり、それを踏まえて私から主治医にお話させていただき、診断書の作成に快く協力いただくことができました。

障害厚生年金2級で年金額が約140万円になり、正当な決定が出てお客様にも安心していただきました。

障害年金は病名問わず、出ている障害の状態を洗い出し、それを整理して障害認定基準に当てはめていくということが重要だと改めて感じた事例です。

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー