【発達障害】フルタイム社員で障害厚生年金2級遡及600万円のミラクル決定!

今年のミラクル決定のナンバー1か2に入るくらい素晴らしい受給決定です。

発達障害である自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金を請求したお客様。

今の会社には週5日のフルタイム社員として入社し、既に6年以上もきちんと働けている状態でした。

しかし今後のことを考えると不安になり、障害年金の請求を考えて当事務所にご相談いただきました。

現在の主治医は診断書の作成には協力してくださるものの、現在は症状が改善されているので障害認定日の診断書は期待できませんでした。

現に、請求日の診断書には「ほぼ改善」と書かれていましたし。。

ですので、遡及はもしかしたら非常に難しいかもしれないと思いましたし、診断書の内容やフルタイム勤務の状況を考えたら「障害厚生年金3級、事後重症」という決定になるのではないかと思いました。

そんな中、遡及」もでき、「3級ではなく2級」の決定でしたので、私自身も最初は信じられませんでした。

この決定内容を少しでも早くお客様にお知らせしたくて、お電話して二人で興奮して喜びました。

今のお給料で余裕ある生活をしていらっしゃるので、遡及した600万円は貯金するそうです。

そして2ヶ月に1度支給される年金も20万円近くになるので、経済的にも不安は解消されるのではないでしょうか。

今回の決定を受け改めて感じたことは、やはり診断書の内容だけで等級や遡及の可否を決めるのではなく、全ての書類で総合的に認定してくれているということです。

障害年金において「ミラクル」というのは相応しくないかもしれませんが、先月といい今月といい当事務所では「ミラクル続き」です!

 

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー