障害年金の不正受給についてのご相談

2016-04-06

障害年金を受給するためのご相談をいただく中で、不正受給なのではないかというご相談がたまにあります。

もちろん、きちんとお会いして詳しいお話をお聞きしないと決めつけることはできません。

ただ、お電話でのお問い合わせでのヒアリングで、なんとなくわかることがあります。

もちろん、精神疾患でのご相談が多いです。

・ただただ障害年金をもらいたいと一方的に言う方

・障害年金を請求しようと思った経緯をうかがうと、ただ生活に余裕を持たせたいという方

・失業手当や傷病手当金の受給期間が終わり、生活できないから受給したいという方

・明らかに障害認定基準に該当されない方

などです。

障害年金は所得保障の年金であり、障害状態で日常生活が困難になった方や、仕事に支障が出ている方などは受給する権利があり、私たちもそのような方には全力でサポートさせていただきたいと思っております。

ただ、そうではない方のサポートをすることは、社労士としてはできません。

障害状態で本当に苦しんでいらっしゃる方のために、誠意を持って全力でお役に立ちたいと思っています。

Copyright(c) 2015 カメリア社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.